-

愛車を買い取ってもらう場合や、所有車の処分の時も印鑑証明書が必要になってきます。それではこの印鑑証明に関して解説しましょう。印鑑証明というのは、ある印鑑が実印として認められているということを裏付ける目的の書類です。この書類がないと、その印鑑について実印として認められているかどうかが保証できません。大きなお金が動く商談になる中古車の買い取りのため、実印が要ることになりますが、それと一緒に印鑑証明書が必要となるのです。印鑑証明書を交付してもらうには、事前に印鑑証明をしておかなければなりません。印鑑証明に登録する印は普通、実印と呼ばれこの世に一つだけの判子でなくてはなりません。印鑑を持って、最寄の役場の担当部署へいけば印鑑登録できます。印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードなるものが発行され、その判子は実印として認められたということになります。印鑑証明書を発行してもらうためには市役所などへ行き、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を書き込んで印鑑登録カードを持参する必要があります。さらに、自動交付機を使って印鑑証明書を交付してもらう事が可能です。印鑑証明には期限切れなどはないのです。ですから、いつの印鑑証明であっても印鑑証明としての効力は続くということです。しかし自動車売却の際は必要となる印鑑証明は3ヶ月以内に交付されたものでなければ無効になります。ほとんどのケースで有効期限の定めはないのですがクルマ売却時には、買取先が必須となる有効期限を教えてくれるので、仮に愛車の買取の予定があるとしたら、準備しておく必要があります。

Category

リンク