-

カードローンについての引き落し内容は会社の方針に応じてだいぶ違いがあって、いろんな方式が取り入れられております。基本的なところではスライド法やリボ方式が多く採用されているみたいです。またこういった誰しもが知ってるリボルディング払いでも、実は算出方法にいろんな方式があったりするのです。それでそのよう法によっては返済総額が違ってしまうので理解していて損はないはずです。わかりやすくそれぞれの方式のギャップについてを解説します。ひとつは元金均等払いでもう一つは元利均等払いというものです。それぞれそう呼ばれているように元金に関して均分に返済していくというのと元金と金利に関してあわせて一様に支払っていく方式です。今回のケースではもしや10万円カードキャッシングしたとし具体的にいかような算出をするか試してみましょう。利分は両方とも15%というように算定します。更にリボルディングに関しての返済は1万円と仮定して考えます。まずは元金均等払いです。このような場合の1回目の引き落しについては1万円へ利息分の1250円を計上した支払額になります。2回目の支払については1万円に対して利息の1125円を足した金額になるのです。こういったふうにして全部で10回で引き落しをお終いにするといった方法になります。一方、元利均等払いというものは初回の支払いは1万円でそこから元金に8750円、利息に1250円といったようにして割り振りをします。2回目の返済に関しては元本が8750円へと減少した状態にて利子を計算して、1万円を更に割り振ります。言い換えれば、元利均等払いの事例は10回で返済が終わらない算定になってしまいます。こればかりのギャップで双方がいかに変わってるのかが理解してもらえたと思います。元利均等は元金均等に比べ明瞭に元本が減少するのが遅いといった弱点というのがあったりします。詰まるところ利率といったものを余分に支出するというような状況になるわけです。他方はじめの返済が少額で済んだと言う強みも存在したりします。こんな支払い手法に関しての違いに連動して支払い合計額というのが相違してくるので自分の返済計画に合った方針を採用するようにしてみてください。

Category

リンク