-

免責不許可事由という意味は自己破産手続きを申請した人に対しこれらのリストにあたるなら債務の免除を受理しませんとする線引きを示したものです。キャッシュバック≠感想・評価レビュー買取.com

ということは、極言するとすれば完済が全然できない人でもこの免責不許可事由に含まれているならば負債の免責が認めてもらえない場合があるとなります。

ということで自己破産手続きを申し立て、債務の免除を得たい際の最終的な関門が前述の「免責不許可事由」ということです。

これらは骨子となる要因です。

※浪費やギャンブルなどで財産を減少させたり莫大な債務を負担したとき。

※破産財団となるはずの私財を隠匿したり毀損したり、債権を有する者に不利益に売り払ったとき。

※破産財団の金額を偽って水増しした場合。

※自己破産の責任を有するのに、貸方にある種の有利となるものをもたらす意図で財産を譲渡したり、弁済期より前に負債を返済したとき。

※もうすでに返済できない状態にもかかわらず、事実を伏せて債権者を信用させて継続してお金を借りたりカードによって商品を決済したとき。

※虚偽による利権者の名簿を出したとき。

※免責の申し立ての前7年のあいだに返済の免除を受理されていた場合。

※破産法が要求する破産者に義務付けられた点に違反した場合。

以上8つの点に含まれないのが要件とも言えますがこの内容だけで詳細なパターンを思い当てるのは多くの経験と知識がないとハードルが高いのではないでしょうか。

さらに、浪費やギャンブル「など」となっているので分かるとおりギャンブルといわれてもただ例としてのひとつというだけで、ギャンブル以外にも具体例として言及していない内容が星の数ほどあるということです。

具体例として挙げられていない状況の場合は一個一個状況を挙げていくと限度がなくなり実例を定めきれないときやこれまで出されてきた実際の判決によるものが考えられるので例えばある申請がそれに当たるかどうかは法律に詳しくないとちょっと判断が難しいことがほとんどです。

いっぽうで、まさか自分がこれに当たっているなんて思ってもみなかったような時でもこの決定が一度でも出されてしまえば、裁定が覆ることはなく返済の義務が残ってしまうだけでなく破産者としての社会的立場を7年にわたって負うことになってしまうのです。

ということですので、免責不許可による悪夢のような結果を防ぐためには自己破産を選択する段階でわずかでも理解できないところがあれば、まずは破産に詳しい弁護士に話を聞いてみて欲しいと思います。

Category

リンク