-

自動車事故はあなただけの自損事故と他の人に迷惑をかけた自動車の事故が存在します。ホワイトヴェール

己だけの事故の時には事故の対応をしたら終わりますが第三者を巻き込んだ自動車事故はどちらにどれくらい落ち度があるのかを確認して、これにより愛車の修復費や和解金の金額等が決定しますので保険屋さんの有識者を交えながらのやり取りが欠かすことが出来ません。退院着 女の子

大概の事故で、互いに多少の間違いがある場合が多数で片方の責任を問うという時はほとんどないようです。

当然ながら赤信号無視や一旦停止無視などの交通違反によって起きた事故はかなり大きな落ち度になりますが被害者にもミスがあったと判断されます。

自動車での事故の場合にはどの車の過失が原因で起こったかという結論がとても大切になってくるので、この判断を数値で表した基準が「過失割合」(過失割合)です。

一例として、先ほど記述した信号が赤でも進んでしまったり一時停止を無視したケースでは道路交通法であれば相手側がすべての落ち度があると見えますがその場面でその車が前方から来ており正面を見てチェックできた状況であれば自動車の事故の被害者でも注意が足りないと10%程度の手落ちがあると言われる事もあります。

つまりこの条件では事故を起こした人が9割、事故に巻き込まれた方が1割過失割合と結論付けされ数字が大きな方にミスが問われる状況になります。

さらに車の事故の過失割合は前の車の事故の判例を基準に結論をだされる時が大部分で日弁連交通事故相談センターから公にされている基準などが参考として使われています。

このような過失の値が高ければ高いほどミス要するに賠償すべき金額も大きくなる可能性が高いので、交渉は当事者だけでなく自動車の保険屋さんの担当者と一緒に落ち着いて調整することが大切です。

Category

リンク