-

民事再生は住宅ローン等も含む複数ある債務に困っている債務者を対象として、住居を維持したままで金銭面で再建するための法による借金整理の処理方法として2000年11月に施行された制度です。債務整理 無料相談

この法律には、破産宣告とは違って免責不許可となる条件がないので競馬などで借金ができた場合もこの手続きは取れますし破産をすると業務停止になるリスクのある業界で仕事をしている人でも制度の利用が可能です。

自己破産では住宅を手放さないことは考えられませんし他の債務処理方法では、圧縮した元金を支払っていかなければなりませんのでマンション等のローンも返しながら払っていくことは多くの場合は簡単なことではないでしょう。

しかし、民事再生という方法を採用することができれば住宅ローン以外での負債額は相当なカットすることもできますので、住宅ローンなどを返しながら他の債務を返していくこともできるということです。

民事再生という手段は任意整理または特定調停とは異なってある部分だけの債務だけを切り取って処理を行うことは考えられませんし破産申告のように債務そのものが消えるということでもありません。

さらに、そのほかの方法と比べても処理が簡単には進まず時間もかかりますので住宅のローンが残っていてマンションを手放すわけにはいかない場合等以外で破産申告等その他の整理方法がない際の限定的な処理とみなした方がいいでしょう。

Category

リンク