-

通常、任意保険とは強制保険としての自賠責保険とは異なり、自賠責保険の範囲内でカバーできない補償を受ける重要な保険です。http://www.smart-mobility-asia.jp/

この任意の保険という保険は自動車損害賠償責任保険の上級保険ということで有用なものですので自動車損害賠償責任保険の支払いの限界を上回った時に登場します。

それから、自賠責保険では物的損害に関しては保証されていないので、対物損害をカバーするためには任意保険に入っておくことが望ましいです。

今現在任意保険の保険料を納めているクルマを売却する時は、国産メーカーの自動車とかドイツ車ということは関係なく残っている分が還付されます。

国内メーカーの自動車を査定に出す場合でも同じことが言えます。

自賠責保険の場合は、基本的には放っておくのが通例になっていますが任意保険の場合、全員が加入するものではありませんので、契約解除になります。

それで任意保険を解約した後はすでに 払っている残っているお金が返ってくるということになります。

自動車の売買が成立したからといってすぐさま任意保険の契約をキャンセルすることは危険です。

当然すぐさま解約してしまえばそれだけ返ってくる金額は多くなりますが、自動車買取店が遠方にあり、自ら運んで行くということになったケースでは任意保険に入っていない状態で車の運転をすることになります。

万が一のことに備えて絶対もう自ら自動車の運転をしないと言い切れる時まで契約の解約手続きはすることがないようにする必要があります。

愛車を買い取ってもらって、すぐに新しい車両に買い換えるのであれば良いでしょうがしばらく車の運転をしない状態が続いて任意保険の必要がなくなってしまったらこうした任意保険未加入の時がある場合、過去に継続していた任意保険の等級が下がってしまい、保険料が上がることがあります。

このケースであれば「中断証明書」というものを提示してもらうようにしましょう。

この「中断証明書」を使えば、10年までは中断前の保険の等級を継続することができるのです。

そして13ヶ月以内であれば発行依頼をすることが可能ですので仮に今現在で自動車を手放していて「中断証明書」というものを発行されてもらっていない場合は代理店にその旨を伝えてください。

また車を買うことになってその後前に保有していた中古車を買取依頼するのならば、契約は一方のみのとなります。

保険の更新という対応ですから運転をする予定の愛車ならば処分までこのことを頭に入れておかなければなりません。

また任意保険は車両によって額が少し違ってきますから愛車買取時は任意保険を検討する良い機会にもなります。

Category

リンク